読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世にも不思議な損保の世界

現役損保社員として20数年、業界に対して思うこと、保険やお金に関する話を面白おかしくつづります。

塾の保険

f:id:otokichikun:20170421202124j:plain

全国にフランチャイズ展開する塾の保険の話です。

その保険は通塾する児童がケガをした時に保険金を払うものでした。

よくそんな保険作ったなって感じです。

 

これも保険料計算の根拠があいまいでした。

以前からずっとそのままの内容になっていました。

聞いたこともない特約もついていました。

 

私もどうすることもできませんでした。

お手上げってやつです。

 

会社としても新規契約の対応をしていませんでした。

これまで契約していた塾に対して更新のみ受け付けていました。

私も下手に内容を変えて面倒に巻き込まれたくありませんでした。

 

これって官僚とか役所の人の考え方ですよね。

前例踏襲していれば責任は問われない。

組織が大きくなるとえてしてこうなるんでしょうね。

 

結局前の内容を一切変えることなくそのまま更新対応しました。

募集パンフレットも全く同じ、日付だけ変えました。

果たしてその後どうなったのか私にも良く分かりません。

 

ひょっとしたらそのまま入り続けている塾もあるかも。

まあ何かあったら保険金支払いは大丈夫だと思いますが。

事故もなさそうですが保険料も安かったのでまあいいかとも思います。

 

皆さん、どう思われますか?

野球の保険2

f:id:otokichikun:20170419215100j:plain

当時保険業界にコンプライアンスという概念が登場しました。

正しくないことは全て見直す、というのが基本です。

業界側からするといきなり規制が厳しくなりました。

というかそれだけいい加減な保険が多かったかということです。

 

そんな時代、先の高校野球の保険は危ないお金の集め方をしていました。 

団体の保険というのはいったん団体が加入者からお金を集めます。

その保険も本来であれば団体の代表がお金を集めるべきでした。

 

ところが何らかの理由でそれができなかったのでしょう。

あるいは団体側から断られたのに保険をスタートしたかったのでしょうか。

あろうことか当時の担当者の個人口座を使って集金をしていたのです。

 

私の担当する直前に始末書が提出されていました。

当時の担当者の上司が書いた始末書(経緯書)でした。

担当者がやめたのをいいことに、担当者が勝手にやったことになっていました。

 

一担当者がそんなことをするはずがありません。

1つの契約を取ることでクビを賭けるなんてしません。

どうやら退職後に責任を押し付けられたようです。

その担当者もそうした会社に耐えられずやめていったのでしょう。

 

保険料も適当、そして危険な集金方法。

何千万もの保険料が一旦保険会社社員の個人口座に入る保険。

着服を疑われても言い訳なんてできません。

 

下手するとその責任が押し付けられる。えらいところに来てしまった。

その時は背筋が凍る思いでした。

幸い自分が来た時には解消されていたので良かったのですが。

 

きっと他にもこんなことがたくさんあるのだろう。

 

私の予感は当たっていました。 

その後続々と危ない契約が出てきました。

私の担当外にも存在していました。 

 

皆さん、どう思われますか?

 

野球の保険

f:id:otokichikun:20170416095600j:plain

次に取り掛かったのは野球の保険です。

全国の高校野球部を対象にしており、保険料規模も数千万円単位でした。

 

さて今年の満期はいつで、内容はどんなものかな?

練習中にボールが飛んで近くの車にぶつかって窓ガラスを割ったら下りると。

ボールが人にあたってケガをさせたら下りると。

 

大丈夫なのかなこんな保険引き受けて、というのが率直な感想でした。

そもそもグラウンド周囲にネットを張るとか、それなりにやることがあるのでは。

予想はだいたい当たっていました。

 

事故の内容を調べると特定の学校が同じように保険金請求をしていました。

ボールがネットを超えて駐車中の車のボンネットにあたってへこんだ。

同じように学校の窓ガラスを割った。

 

安全防止対策をするより数万の保険料払った方がいいんでしょう。

その野球部としては毎年支払う保険料(掛け金)よりもらう保険金の方が多い。

何ておいしい保険なのでしょうか。

 

でも全体としては採算が取れているのでよしとしていました。

圧倒的に保険料(掛け金)を払うだけの野球部が多いから成り立っているのです。

 

グラウンドが狭くて安全策が十分取れない野球部は掛け金を高くして、

しっかりしている野球部は掛け金を低くするなどにしないと不公平ですよね。

何となく割り切れない思いをしつつもその年の準備をした記憶があります。

 

でもこの保険の本当の問題はここではなかったのです。

皆さん、どう思われますか?

 

 

過去の引継ぎを見てみると

空港の保険

f:id:otokichikun:20170413062611j:plain

赴任早々、とある空港の何千万もの保険の満期が到来。

種目は火災保険、賠償責任保険、海上保険、運送保険・・・、

何じゃこりゃー(怒)

 

そもそも個人の火災保険の保険料の出し方すら分からないのに。

いきなり空港の、しかも本部照会、本部稟議になる特殊な保険。

でも満期は迫っており、早く動き出さないと。

 

ここから毎日睡眠時間を削って対応していくことになりました。

まずは保険の基本の勉強。自宅に持ち帰ってひたすら勉強。

土日なんてあるはずがありません。

 

計算式は担当者に代々引き継がれているエクセルの表。

本当に計算式合ってるのか?間違ったらえらいことだよな。

遠方に行ってしまった前任者にもいろいろ聞きながら作業を進めました。

 

取りあえず見積ができたら課長の承認の上、本部に稟議。

特約はどうするんですか?、割引はどうするんですか?

途中契約者にいろいろ言われ、毎回必死でメモを取って宿題に。

冷や汗をかきながらも無事完了しました。

 

始まりから終わりまで1ヵ月以上経ってようやく完了しました。

全て終わったときはまさに頭の中は真っ白、しばらく脱力感が続きました。

ところが別に周囲は何事もなかったかのように流れていきました。

そう、ここは企業営業。そんなことは当たり前。

 

これからはじまる地獄の序章でしかありませんでした。

ほっとしたのもつかの間、新たな試練が来ることになりました。

皆さん、どう思われますか?

保険のことが分からない

f:id:otokichikun:20170408223630j:plain

約6年のディーラー営業を経て新しい職場に赴任しました。

新しい職場は主に公的機関や企業を相手にする営業でした。

 

心の中ではやっと心とお金がすり減るディーラー営業から解放された、

これからは常識が通用する相手に普通の仕事ができるぞ、と思っていました。

 

赴任して前任者から引き継ぎを受けました。

うんうん、そうそう、仕事ってのはこういうふうにアカデミックであるべきだよね、

と少しウキウキしながら話を聞いていました。

 

ところが少しずつ心がザワついてきました。

引継ぎの中でここの企業火災保険は・・・、あそこの団体傷害保険は・・・、

火災保険?傷害保険?団体保険?

 

そうです。

私はずっとディーラー営業をやっていたのです。

自動車保険自賠責保険以外分かりません。

 

たまに火災保険が出てきても当時は規制に守られて同じ保険料でしたので、

「火災保険は前と同じ保険料ですよ」と答えていました。

ゴルファー保険が出てきてもパンフレットに保険料が記載されていました。

 

これはマズい、困ったぞ。

その日から新人に逆戻りすることになりました。

それからしばらく引継ぎの日々で前任者と代理店訪問をしました。

 

言っていることが分からない。

相手は当然保険会社の人間は全部分かっていると思っています。

これは本当にマズいと思いました。

 

私はまた新人からの出直しでした。

毎日知らない保険を勉強することになりました。

しかも今度の場所の先輩社員は結構ドライでした。

私は途方に暮れることになりました。

 

皆さん、どう思われますか?

 

 

 

 

明るい未来

f:id:otokichikun:20170406211134j:plain

結局、新入社員時から約6年ディーラー営業に関わりました。

素晴らしい人も多く、勉強になることも多かったです。

ディーラーの営業マンとも個人的に仲良くなることも多く、

今でも交流が続いている人もいます。

 

ただ仕事自体はディーラー側からは下に見られていて、

少しでも隙を見せると大変な事態になることが多かったです。

ちょっとした対応ミスでテリ変(担当拠点が他損保になること)は日常茶飯事。

精神衛生上良くなかったことも確かです。

 

しかも車を短期間に乗り換えたために転勤の際には数百万のオーバーローン、

つまり現在乗っている車の価値より自動車ローンの金額が多く、

車を処分してもローンが残る状態になっていました。

 

辞令を受けてに転勤を言い渡されたときは正直ほっとしました。

きっと次の職場はもう少し落ち着いて仕事ができるはずだ、

長年乗って車のローンを完済してやろうと心に誓っていました。

 

しかし希望を持っていた次の場所でも新たな苦難が待ち受けていました。

その話は次回以降またお伝えしていきたいと思います。

一旦ディーラー営業の話はここで終了です。

 

また思い出したら気ままに綴っていきたいと思います。

 

皆さん、どう思われますか?

ディーラー営業の恋愛事情

f:id:otokichikun:20170401083212j:plain

ディーラー営業部の仲はとても良かったです。

その後いくつかの部署に転勤しましたが、どこよりも一体感がありました。

その仲の良さから禁断の恋もいくつかあったようで。

 

同じ課の中で付き合っているケース。

男性側は妻帯者、女性側は独身。

普段はあまり目立つことはなく、普通に仕事の会話をしています。

ところが仕事外になると男性側の行動がおかしくなります。

 

会社の飲み会の場になるといつも近くから見守っています。

見当たらなくなると「〇〇はどこに行った?」と慌てます。

誰かが口説いているんじゃないのか?と気になるようです。

そして1次会が終わると2人で消えていきます。

 

部のコンペでも必ず一緒に車でやってきます。

カモフラージュなのか他の人も載せたりするのですが、周囲にはバレバレです。

 

隣の課同志の妻帯者&独身女性というパターンもありました。

良く会社帰りの時間を合わせていました。

休日の目撃証言も散見されました。

 

いずれも大きな問題になることなく終わったようです。

どうやって終わったかまでは分かりません。

ただ周囲も分かっていながら大きな問題になることもありませんでした。

部の一致団結力がなせる業でしょうか。

 

でも1件だけ大スキャンダルになった事件がありました。

 

ある日部長が朝礼で、「〇〇君(隣の課長)は長期研修の為しばらく休暇だ」と。

いまさらその年次で長期研修?、しかも休暇扱い?

私は何のことか理解できませんでした。

 

ところが後から話が漏れ伝わってきました。

どうやら自分の部下の女性をホテルに連れ込んだらしいと。

その女性が人事に駆け込んだのだと。

 

結局、しばらく後にその方は依願退職しました。

部長に昇格した直後の話だっただけに本人はさぞ無念だったでしょう。

 

一方、その女性はそのまま普通に働いておりました。

しばらく後に本店に転勤となっていきました。

 

その女性が少し変わった人だったのでその人に対する同情的な雰囲気がありました。

でも冷静に考えればこの措置は当たり前のような気もするのですが。

それだけ部の結束力が強かったのでしょうか。

 

禁断の恋に関しても大らかだったのかも知れません。

別の課の課長が課のスタッフさんとデキて結婚したケースもありました。

 

皆さん、どう思われますか?