読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世にも不思議な損保の世界

現役損保社員として20数年、業界に対して思うこと、保険やお金に関する話を面白おかしくつづります。

明るい未来

結局、新入社員時から約6年ディーラー営業に関わりました。 素晴らしい人も多く、勉強になることも多かったです。 ディーラーの営業マンとも個人的に仲良くなることも多く、 今でも交流が続いている人もいます。 ただ仕事自体はディーラー側からは下に見ら…

ディーラー営業の恋愛事情

ディーラー営業部の仲はとても良かったです。 その後いくつかの部署に転勤しましたが、どこよりも一体感がありました。 その仲の良さから禁断の恋もいくつかあったようで。 同じ課の中で付き合っているケース。 男性側は妻帯者、女性側は独身。 普段はあまり…

溶ける車

当時私が担当していた輸入車ディーラーでの話です。 営業マン同志が「あの車溶かしただろう」「ええ」みたいな会話をしていました。 「車を溶かす」って何のことだろうとその営業マンに聞いてみました。 「車を溶かすっていうのは下取車を横流しすることだよ…

怒涛のゴルフコンペ

当時のディーラー営業では年に2回ゴルフコンペがありました。 コンペ名は部長の名前を冠して〇〇杯という名称でした。 ゴルフが下手だった私には苦い思い出です。 ディーラー営業は接待営業の王道ですからゴルフがうまい人が多いです。 そんな中でゴルフ嫌…

解約手続き代行します

当時担当していた中古車店の話。 そのディーラーは自動車保険に相当力を入れていました。 トップ自ら各営業所の日報に目を通し、成績が悪い営業マンに電話をするくらいです。 実際保険の切替のやり方も凄いものでした。 普通自動車保険の切替は満期で行いま…

プロレスラーはベンツがお好き?

担当していた輸入車ディーラーの話。 訪問していた時、展示車にどこかで見たことのある人が。 それは有名なプロレスラーでした。 それも大きいことで有名なプロレスラー。 そんなレスラーが展示車に乗り込んでいました。 その車は何とメルセデスベンツのCク…

トレンディ女優の免許証

事務所にいた時のことです。 事務所の向こうの方で歓声が上がっていました。 私は何だろうと思って駆けつけました。 そこには当時トレンディドラマ(古い!)に出ていた有名女優の免許証コピーが。 先輩が説明してくれました。 担当していた輸入車ディーラー…

バブルがはじけた芸能人

輸入車ディーラーを担当していた時のこと。 そこのNo.1営業マンのお客様に一世を風靡した芸能人がいました。 そこで車を買うだけでなく自動車保険にも加入してくれていました。 ある時そこで買った車ではない自動車保険の見積依頼が来ました。 証券を見…

浮気していた芸能人

当時担当してた輸入車ディーラーの話。 とある有名芸能人がそこで車を買い、自動車保険の契約もありました。 ある時、その車で車両単独事故が発生したとの連絡がありました。 時間は深夜、場所は都内高級ホテルの駐車場。 深夜の事故の場合、飲酒運転が想定…

若者の悲しい末路

担当していた中古車ディーラーでよくあった話です。 とある営業所は若者が好きそうなスポーツカーを専門に扱っていました。 やってくるのは免許取り立ての若いお兄ちゃん達です。 かっこいいスポーツカーを見たら欲しくなるのも仕方ありません。 彼らは吸い…

黄色い車の担当者

スーパーディーラー担当者列伝です。 とある寒い地域のディーラーの話。 そこのディーラー担当も多分に漏れず伝説を持っています。 そのディーラー担当者も車を頻繁に買い替えるのは当然のこと。 ただその車はディーラー完全指定の高級車。 但し、売れずに残…

召使い系ディーラーの話

先輩から聞いたディーラーの話です。 そのディーラーではよく土日にイベント実施します。 先輩の担当ディーラーでは取引損保がイベントへの動員数を競うそうです。 「〇〇社、30人動員」「△△社、40人です」とディーラーに報告します。 当然そこに参加す…

時限爆弾のような契約

ある年度末のこと。 恒例のように開催される積立保険の目標達成に向けた打ち合わせでのこと。 進行役の先輩社員が「例の大口積立保険の失効は年度内にはまだ入らないよな」と。 聞かれた女子社員は答えました。「年度内は大丈夫です」と。 いったい何のこと…

目標は絶対達成すべし

入社して最初の年度末のこと。 いきなり「積立保険の打ち合わせをするぞ」と先輩から言われました。 ディーラー営業は普段自動車保険や自賠責保険の販売の仕事をしています。 ところが会社の年間目標達成のためには積立保険もやらないといけません。 そのた…

何でも買います

ディーラー営業時代、私だけでなく周りの先輩もいろんなものを売っていました。 一番多かったのはカードです。 各ディーラーは顧客の囲い込みのためにメーカークレジットカードを売っていました。 彼らなりのノルマがあったようです。 当然損保社員もそれに…

何でも売ります、オーホッホッホッホッ

ディーラー営業時代はいろんなものを売りました。 と言っても自分が売ることで儲けるわけじゃありません。 ディーラーが売るものを代わりに社内で自分が売るのです。 自動車販売店って本当にいろんなものを売っています。 彼らもお客様の本業に協力すること…

保険セールスお断り

ちょっと今回の話は長めです。 当時、私の担当ディーラーは積立保険に積極的ではありませんでした。 おかげで年度末以外はあまり「自爆」(自分で保険に入ること)せずに済みました。 ところがその日は突然やってきました。 その頃、損保でも生保を売るよう…

自爆と呼ばれる保険契約

目標達成のためにやむなく自分で保険に入ることを「自爆」と呼びます。 年度末の目標達成のためにやることが多いです。 しかしディーラー営業の場合、年度末だけではありません。 ある先輩は営業所単位で毎月積立保険の目標を持っていました。 ディーラー営…

こんな場合も支払われるなんて

ディーラー営業ではよくある話です。 自動車保険で車の入替手続きをしてませんでした、という話。 車を買い替えると自動車保険の対象となる車も変更手続きが必要です。 自動車ディーラーで加入している場合、営業マンが対応します。 でも結構忘れる営業マン…

車を買うのがお仕事です

ディーラー営業はとにかくディーラーに対する立場が弱いです。 自社の自動車保険や自賠責保険を販売店を通じて売ってもらう。 というのが表向きの仕事ですが、何せ損保、損保社員の位置づけが低い。 当時も先輩から「向こうにとっては犬、猫、損保だから」と…

黒いものも白に

入社後最初に配属された私の課には、とある熱い先輩社員がいました。 私もお世話になり、尊敬できる先輩でした。 ところがある日、その先輩が査定部門の課長と激論を交わしていました。 激論と言えば聞こえは良いですが、実際は激しい口論でした。 ある自動…

中古車店の秘密

損保会社の営業として担当していた中古車ディーラーの話です。 そのディーラーには神とあがめられる課長がいました。 その人は創業者でもないし、すごく車を売った人でもありません。 なぜ神とあがめられたのか? それは神業を持っていたからに他なりません…