読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世にも不思議な損保の世界

現役損保社員として20数年、業界に対して思うこと、保険やお金に関する話を面白おかしくつづります。

若者の悲しい末路

f:id:otokichikun:20170301231524p:plain

担当していた中古車ディーラーでよくあった話です。

 

とある営業所は若者が好きそうなスポーツカーを専門に扱っていました。

やってくるのは免許取り立ての若いお兄ちゃん達です。

かっこいいスポーツカーを見たら欲しくなるのも仕方ありません。

 

彼らは吸い込まれたように試乗させられ、そのまま契約へ。

お金なんて持っていませんからもちろんフルローンです。

高い金利を払って5年くらいのローンを組むことになります。

 

彼らは自動車保険にも入ります。 

ところが全年齢の自動車保険を新規で加入するとすごい保険料になります。

スポーツカーで車両保険もしっかりつけると当時年間60万円くらいでした。

当然一気に払うことなんてできません。

 

なんとローンに保険料も入れ込んで5年間に渡って返済していくのです。

1年間の自動車保険料を5年間で返済していくことになります。

このパターンにはまった若者はかなりの確率で地獄に落ちていきます。

 

翌年自動車保険の更新が来ます。

ところが支払う保険料はローン支払いに丸ごと上乗せされることになります。

去年の保険料は5年ローンに組み込まれているわけですから。

 

若者は目一杯のローンを組んでいるので何十万の保険料なんて払えません。

ほとんどの場合、車両保険を削ることになります。

そう、あとはお決まりのパターン。

 

自損事故 → 保険金下りない → 廃車 → ローンだけ残る。

また一人、借金を抱えた若者の発生です。

分かっていても中古車店は若者にスポーツカーを売ります。

ひどい話だとその事故車をそのディーラーが買い取ることもあるそうです。

車が戻ってきてまたそれを販売するということになります。

 

若い人は身分相応の車に乗った方が良いと私は思います。

 

皆さん、どう思われますか?