読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世にも不思議な損保の世界

現役損保社員として20数年、業界に対して思うこと、保険やお金に関する話を面白おかしくつづります。

マンション保険の割引

f:id:otokichikun:20170504224513j:plain

当時マンション管理会社を担当していました。

これも名前を聞けば誰もが知っている会社でした。

主な保険種目は分譲マンションの共用部を対象とする火災保険でした。

 

その管理会社では自分の会社を含めて2社の取り扱いがありました。

マンションを建てる度にどちらかの会社で保険を掛けていました。

メインはもう1社の方でしたが、自社商品が選ばれることもありました。

 

マンションの管理組合は基本的に管理会社にお任せです。

管理会社が勧める保険にそのまま入る傾向があります。

つまりその管理会社が保険会社の決定権を持っていました。

 

やはり過去からの取引は変えられません。

保険料もだいたい同じような感じで優位性もありません。

いろいろ工夫しましたが、割り込む余地はありませんでした。

 

ところが千載一遇のチャンスはやってきました。

何と保険料を割り引いてもいいという指示が出たのです。

個人分野の保険は基本的に割引をしてはいけません。

 

というと法人分野は割引をして良いのかという話ですが、

これは全然オッケーです。

この話はまた別の機会に書きたいと思います。

 

何とこの管理会社の取り扱いであれば10%引いていいよと。

大口ユーザー割引みたいなものです。

これで一気に保険料競争力が上がりました。

以降当社の保険が採用されることが多くなりました。

 

マンション共用部分の保険は保険料規模が大きいので大増収です。

いやいやラッキー。

今までの努力は何だったんだ。

 

でもこれって何か変だと思いませんか。

別のところでは10%引かずに売っているわけです。

同じ商品がある代理店では定価で、ある代理店では10%引きです。

 

同じ保険会社が扱っている火災保険で保険料が違うのです。

一般人はそんなこと思いもしませんよね。

個人的にも何か不公平を感じるところです。

 

定価販売で売っている個人代理店可哀そうです。

定価で買わされている一般顧客も釈然としないでしょう。

皆さん、どう思われますか?