読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世にも不思議な損保の世界

現役損保社員として20数年、業界に対して思うこと、保険やお金に関する話を面白おかしくつづります。

野球の保険

f:id:otokichikun:20170416095600j:plain

次に取り掛かったのは野球の保険です。

全国の高校野球部を対象にしており、保険料規模も数千万円単位でした。

 

さて今年の満期はいつで、内容はどんなものかな?

練習中にボールが飛んで近くの車にぶつかって窓ガラスを割ったら下りると。

ボールが人にあたってケガをさせたら下りると。

 

大丈夫なのかなこんな保険引き受けて、というのが率直な感想でした。

そもそもグラウンド周囲にネットを張るとか、それなりにやることがあるのでは。

予想はだいたい当たっていました。

 

事故の内容を調べると特定の学校が同じように保険金請求をしていました。

ボールがネットを超えて駐車中の車のボンネットにあたってへこんだ。

同じように学校の窓ガラスを割った。

 

安全防止対策をするより数万の保険料払った方がいいんでしょう。

その野球部としては毎年支払う保険料(掛け金)よりもらう保険金の方が多い。

何ておいしい保険なのでしょうか。

 

でも全体としては採算が取れているのでよしとしていました。

圧倒的に保険料(掛け金)を払うだけの野球部が多いから成り立っているのです。

 

グラウンドが狭くて安全策が十分取れない野球部は掛け金を高くして、

しっかりしている野球部は掛け金を低くするなどにしないと不公平ですよね。

何となく割り切れない思いをしつつもその年の準備をした記憶があります。

 

でもこの保険の本当の問題はここではなかったのです。

皆さん、どう思われますか?

 

 

過去の引継ぎを見てみると